家づくり学校4年最終発表



b0383324_22580336.jpg



昨日、家づくり学校の最終発表が行われました。





1年間3つの建築家スタジオで取り組んできた4年生たちが最終成果を発表する授業です。この授業は4年のみならず、下級生や運営母体の家づくりの会の面々も見学できます。





b0383324_22580325.jpg



課題は都心で、高齢者のいる4人家族、延床30坪という、かなり現実的な設定です。面積や家族構成はよくあるケースであり、それは制約の多い与件でもあります。









工務店の社長や木造住宅を得意とする設計者もいれば、RCマンションが多く木造は実際は未経験という人もいます。経験値に差はありますが、1年間個人授業に近い形で教え込まれ、また自分で勉強をしてきていますので、どの人もとてもリアリティのある作品が提示されました。





b0383324_22580328.jpg



上の写真のような一般図以外にも、断面詳細図や断熱計算をしたり各々が力を入れたところを図面化していました。





全作品発表の後に、本間至先生から、全員の面積割合や想定される坪単価などが示され、コストの意識、有効的なコストの使い方等を、実社会では強く意識して欲しい旨のお話がありました。





b0383324_22580319.jpg





素晴らしいですね、家づくり学校。



(白崎泰弘)



(上から順に)泉幸甫校長の冒頭のあいさつ/手前にスタジオ講師陣と校長・副校長/受講生作品の一部/発表終了後の懇親会


by seeds-archi | 2016-02-15 14:23 | Diary

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30