鈴木大拙館の見学

先月下旬、実家に帰ったついでに金沢に寄ることにしました。
まずはお目当ての一つ、谷口吉生さんの「鈴木大拙館」。
ドカ雪になってしまい、雪の中の谷口作品はとても楽しみでした。



b0383324_22580194.jpg



右の格子のほうが入口ですが、アマノジャクなので、先に「水鏡の庭」の方に。
白い壁の建物は「思索空間」。やたら深い軒庇が特徴です。





b0383324_22580161.jpg

「水鏡の庭」にアプローチする苑路。正面の打ち放しコンクリート壁と家が気が高さを揃えていることに気づき「お、ここまでやるんだー」、、よーく見ると、その外側をまわす生垣は1段高くなっています。「すげぇ、ここまで徹底するんだ。。」図面に生垣の剪定まで描いているのかも知れません。管理者へ明らかにメッセージしています。だからすごいんです。



「水鏡の庭」に訪問客の神経を向かわせる、“場”のつくり方なのだと思います。





b0383324_22580169.jpg

思索空間の白壁は、低層部分が内断熱、上部が外断熱。外断熱の上に左官壁を施しています。建物と対峙している打ち放しのコンクリート塀、よく見るとセパ痕がありません。白の左官壁と相対する壁にポツポツしたものは違うと考えたのだと思います。

軒から下りている鎖樋がつらら状になっています。




b0383324_22580156.jpg



北陸の厳しい冬を感じさせますね。





b0383324_22580146.jpg



中に入ると、展示空間まで静けさを感じさせる回廊を通ります。







b0383324_22580135.jpg



回廊の途中にある光溜まりのスペース。庭が雪に埋もれて、ちょっと残念。







その先の展示空間、学習空間を通った後に、外部回廊に出ます。





b0383324_22580299.jpg



双子の柱があることで、かえって気付く軒の深さ。通常はこんなに深い軒を左側の壁で持ち出すことは困難で、あまり見ない軒の深さです。それを双子の柱があることで定規ができ、スケールを感じさせてくれます。





b0383324_22580247.jpg



思索空間。下の黒い壁のところは内断熱。上部の打ち放しコンクリートのところは外断熱。







b0383324_22580203.jpg



天井は白く、上から、白→灰色→黒のグラデーションをつくっています。これをやりたかったから、外断熱と内断熱の併用をしたのだと思います。





雪の中、訪れる客もまばら。谷口さんの静かな空間を満喫することが出来ました。
何回か連続で金沢のことを書きます。



(白崎泰弘)












by seeds-archi | 2016-02-08 20:03 | Essay

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30