コの字型階段の検討

b0383324_22575097.jpg



吹抜け状になっているところに、コの字型階段の検討。



木造は工事契約をしたら早々にプレカット屋さんに図面が行くので、実施設計の段階でミリ単位の寸法を決めないと工期のロスにつながります。




吹抜けに面するコの字型は壁に挟まれた階段と違って、階段束が出てきます。その位置を確定しないと、大引(土台とほぼ同じ役割)や階段束に乗せる梁の相手先の梁の位置が決まりません。




平面的な位置は、側桁のデザインと手摺のデザインでミリ単位で変わります。


ということで、〆切近くでの踏ん張りどころ。


へたに焦ると間違うし、ゆっくりしていては間に合いません。


(白崎泰弘)

by seeds-archi | 2015-09-22 13:04 | Essay-設計のこぼれ話

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30