ラグビーW杯の南ア撃破に大感動!

夜中に生中継があったことは知っていましたが、連日の長時間作業で疲れ果て、その日は早めに寝てしまいました。




朝起きて、大金星のニュースに驚き、どこかで再放送はないかと探したら、お昼からNHKで放送することを見つけました。


結果は知っていたし、ニュースでシーソーゲームだったことは知っていましたが、見て良かったです。最後の方ではもう涙が止まりませんでした。














FBの五郎丸選手は100キロ近い体重で日本ではまず当たり負けしないのですが、向うのFWに当たっただけで簡単に止められてしまう。車にでも当てられたかのように。

日本のFWは120キロぐらいの大型がそろっているわけですが、むこうのFWをとめるために、一人は足元、一人は高い位置(ハイタックル覚悟でしたね)と必ず2人がかり。一人タックルのときは簡単にひきずられてしまう。



相手一人に2人タックルの守備を徹底することでゲームをつくり、少ない攻撃機会ではFWの近いところで勝負し相手の反則を誘い、五郎丸選手のPGでゴールを重ねるという図式。

でも相手は、2人がかりのタックルができない場面ではいとも簡単にディフェンスラインを突破しトライ。



コツコツ加点していった日本が最後に逆転トライを決めたのだから、泣くなと言う方が無理。
まだ見ていない方は、今後も再放送があると思うので是非。屈強の大男を相手に、桜の戦士たちが組織の力で戦った風景は、ダイジェストではきっと伝わりません。


(白崎泰弘)

by seeds-archi | 2015-09-20 22:36 | Diary | Comments(0)

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30