神戸見学-♯2

前回のつづき。



ローズガーデンの近くにあるリンズギャラリー。学生のときに、ここのカフェでランチをした記憶があり、今でもあるのかな?と期待しながら行きましたが、残念ながらありませんでした。同時代の作品ですが、ローズガーデンより少し華やかなデザインになっています。店舗施設としても、今現在、こちらのほうが稼働率が高いようにお見受けしました。

b0383324_22573795.jpg



最上階は、個人住宅になっているようです。





b0383324_22573716.jpg

重量感のある煉瓦壁の外周に回したアイアンワーク。ここでは、華奢なサイズで華やかさを演出していると思います。



b0383324_22573788.jpg



二つの並行するボリュームに差し込まれた屋外階段。「ビルのはざま」でもきちっとデザインすれば気持ちよく感じることを、学生のときに思い知らされた場所です。まぐさと窓台の出寸法は20~30ミリ。壁が体に近い空間では、大事な寸法です。






b0383324_22573810.jpg



まぐさのディテール。今の安藤さんだとやらないディテールだと思いますが、煉瓦のテクスチュアに見合ったディテールを腐心していた様子が感じられます。



b0383324_22573853.jpg



ボリュームとボリュームがぶつかるときにスリットを取る手法。これはお若い時から徹底してやっていらっしゃたんですね。しびれます。
(つづく)
(白崎泰弘)




by seeds-archi | 2015-04-01 17:42 | Diary

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30