八王子の家・木工事完了

八王子の家、木工事終了直前の様子です。


通常、このタイミングで木工事の最終確認を行います。


木工事が終わると大工さんが現場から引き揚げてしまうので、何か手直しが必要になった場合に対応できなくなるからです。


でも確認の結果、手直しの必要はありませんでした。


スムーズに工事は進んでいますが、実は内部の木工事が複雑で、大工さんにはかなりの苦労をかけてしまいました。


b0383324_22571702.jpg







引戸を多用しているので、戸袋があったり、壁の厚さが場所によって変わったり、さらには複数の建具の枠が絡んでいる、という状態。


設計のときには、平面図だけでは細かい寸法を書ききれないので詳細図も書きました。


でも詳細図があるからといっても、実際にこれを読み取って図面通りに作るのは、かなり大変な作業だったと思います。


b0383324_22571794.jpg



大工さんが「見えなくなるところが大変でした。ぜんぶ仕上げちゃうと、きれいに出来たね、で終わっちゃうんでしょうけどねぇ…。」


と笑っていらっしゃいました。


いえいえ、そんなことはありません。ちゃんとここに記録しておきます!


ありがとうございました。




外部の方は、外壁下地のモルタルが終わっています。


これに塗装を施して、まもなく、足場も解体されます。


(白崎治代)


b0383324_22571733.jpg


by seeds-archi | 2014-09-02 10:00 | News-八王子の家

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31