青梅の家・コンセント立会

上棟後、屋根が張られ、外壁側の構造ボードを概ね張り終わったところで、お施主様に来ていただき、コンセント位置の確認をしてもらいます。
写真は、2世帯のうち親世帯の確認が終わり、子世帯のご夫婦に確認してもらっているところです。



b0383324_22561799.jpg





コンセントや照明の打合せというのは、設計段階で必ず行います。ですが、図面上でお施主さんと打合せしていても、お施主さんと私たちの間で若干の空間認識のずれがあったり、そもそも空間認識を図面だけで行うのが苦手な方もいらっしゃいます。





そこで、日常の使い方に直結する、照明のスイッチやコンセントの類を現場で確認してもらうわけです。


この段階であれば、多少の位置変更は何の問題もありません。(ただし、この段階でエアコンや冷蔵庫の位置・数を変えるようなことは、設計の見直しとなり工程の遅れとなります。電力消費量が大きい家電・生活パターンに影響の大きい家電は設計で検討するものなのです。)




今回も、確認していただいて、若干の変更がありました。


お施主さんにとっても、新居に対するイメージがリアリティを伴ってきたので、丁度よいタイミングだったようです。


そろそろ家具などのセレクトに入る時期なのだと思います。


(白崎泰弘)

by seeds-archi | 2012-09-05 16:32 | News-青梅の家

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30