狛江の写真館 表紙になりました!

b0383324_22560114.jpg
狛江の写真館 表紙になりました!



などと銘打つと、たいそうな感じがありますが、今回の場合、そうでもありません。



私たち設計者がよく見る「積算資料ポケット版」という書籍の表紙です。



半年に1回出版されるもので、この本に協力した流れで表紙を飾ることになりました。



画像を見れば判るように、アイデンティティカラーの赤がかぶっていますので、なんとなくしか判りません。



でも、まあ、無理やり自分なりに分析しますと、私たちの建築デザインは垂直・水平の線をのびやかにしようという傾向があるので、意外にグラフィックなものに似合うのかもしれません。(って、本当に無理やり。。)



協力した建設コストの中身について、思ったことを少々。 







狛江の写真館は、狭小3階建て、ホームエレベータ付きのオール電化住宅ということで、木造でありながら坪単価が80万円後半となりました。



しかし、今回、出版元の経済調査会が分析してくれたのですが、いわゆる建築工事は坪50万円台でした。



建築工事というのは、照明や給排水管などの設備工事を抜いたものなのですが、キッチンは建築?設備?など明確に定義づけされているわけではありません。多くの建築家は建築・設備ふくめた工事を坪単価としてお客様に伝えていると思います。一方、安さを強調したハウスメーカーは、建築工事のみを取り上げて坪単価で示していることが多いようです。



その建築工事と同じ土俵に乗せると、私たちの設計したものが坪50万台だったということになります。



狭小住宅は、全体コストに対する外壁の割合が高くなってしまうので、坪単価が低くなることはありません。



それでも、建築工事坪50万円台ということで、ちょっぴり自画自賛モードです。



もちろん、施工者の協力があったからのできたことなので、あらためて匠陽さんに感謝したいと思います。



(白崎泰弘)


by seeds-archi | 2011-12-11 20:26 | News-狛江の写真館

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30