Mixiからの転載>>日本国民は、やっぱりスゴイ!!

東北地方の被害状況や福島原発の事故の推移が注視される中、大学時代の友人たちとMixi上で情報のやりとりをしています。



そんな中、浜松にいる友人が、被災地、もしくは被災地に近い私たちを勇気付ける日記を見つけてくれました。



日記を書いた方がリンクフリーだと仰っているので、以下に転載します。



http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1688760968&owner_id=6594734&comment_count=100



こたろうさんの日記|日本国民は、やっぱりスゴイ!! (追記の追記あり)    より







「外国人から見た日本人」

以下コメントを抜粋して貼りつけましたので、
自分が「日本人」である事に、誇りを持ちましょう!!


潘基文(パン・ギムン)国連総長
「日本は世界で助けを必要としている人たちに対する最大の支援国の一つ。この極めて困難な時に、国連は日本国民と共にある。われわれは(日本のために)全力を尽くすだろう」

オバマ大統領(アメリカ)
「私は日本には特別な思い入れがある。ハワイで日本人や日本の文化に触れてきた。今回の地震は胸が押し潰される思いだ。でも私は楽観的だ。あれだけの経済や技術を築き上げてきた日本人だ。必ずこの困難を克服するだろう。そのための支援をわれわれは惜しまない」

CNN(アメリカの全国ネットテレビ局)
「有史以来最悪の地震が、世界で一番準備され訓練された国を襲った。犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力に優れている」

米ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、
「日本への同情、そして称賛」と題するコラムを掲載。
阪神大震災時に東京支局長だったニコラス・クリストフ氏が執筆し、
「きょう、私たちの気持ちは皆、日本の人々とともにある」
とエールを送った。
 
中国主要紙は、
「破壊度は(2008年の)四川大地震の20倍」と報道。
日本批判の書き込みが多い中国のインターネットには
「四川大地震のときに日本は支援してくれた。今回は中国の番だ」「がんばれ日本人」
などと励ましのコメントが多く寄せられた。
日本の災害を喜ぶ書き込みもあるが、「中国人の恥だ」と批判が殺到している。

1999年の台湾中部大地震の救済・復旧を指揮した李登輝元総統も11日夜、
インターネットを通じ
「台湾で起きた大地震を思い出し、現在の日本の皆さまの不安や焦り、悲しみなどを思い、刃物で切り裂かれるような心の痛みを感じています」
「自信、勇気を奮い起こしてください!」
と激励を発表した。


などなど。
以下は色んなサイトなどからの抜粋コメント。(転載)




CNNの専門家の言葉

「日本の国民はミラクルだ。被害は確定しないが、他国だったら数倍の被害になっていただろう」
「ハイチの500倍以上の威力の地震で津波到達まで5分しか時間ない中で、信じられない対応だ」
「この国民には常に準備がある。この国は常に事態に準備ができるのだ」

物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、
そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。
運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。

深夜の東京駅で目にしたのは、
未曾有の天災に襲われながらも整列してタクシーやバスを待ち、
粛々と家を目指して歩き、或いはじっと耐えて外で夜を明かす人々の姿
この光景を見て外国人は絶句したようだ。


この国民性、成熟度の高さ文化的な力は、どの国も勝つことはできない。


短文投稿サイト「ツイッター」の中国版「微博」では、
ビルの中で足止めされた通勤客が階段で、通行の妨げにならないよう両脇に座り、
中央に通路を確保している写真が11日夜、投稿された。
「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」
との説明が付いた。

この「つぶやき」は7万回以上も転載。
「中国は50年後でも実現できない」
「とても感動的」
「われわれも学ぶべきだ」
との反響の声があふれた。

湖南省から東京に留学し、日本語学習中に地震に遭った中国紙、
瀟湘晨報の中国人記者は、日本語教師が学生を避難誘導、
「教師は最後に電源を切って退避した」
と落ち着いた対応を称賛。
ネット上に掲載された記事には
「日本人のマナーは世界一」
「人類で最高の先進性が日本にある」
などの書き込みが相次いだ。

「日本の学校は避難所だが、中国の学校は地獄だ」
といった中国政府や中国人 の対応を批判する書き込みも。
2008年5月の四川大地震では、耐震性の低い 校舎が多数倒壊、
5千人を超える子どもが死亡。
生徒を置き去りにし、真っ先に逃げた教師が批判された。

過去のにも 
1994年に広島で開催されたアジア大会の閉会式では、
6万人が立ち去った競技場の観客席に「ごみひとつ」残されていなかったことを、
各国の新聞が「恐るべし、日本民族」などの見出しで紹介した。
また同論説によると、1995年の阪神淡路大地震では、
地元の小さな金融機関が、被災者のために無利子、無担保、
「本人が連絡先を記入するだけでよい」との方式で、
当面の生活資金を貸し出したが、3年後にすべて返済されたという
「恐るべき事件」が発生した。


*******

(転載させてもらった方の日記から抜粋)

私自身の周りも停電しましたが、信号機も点灯してないのに誰一人クラクションを鳴らす事もなく、譲り合う姿勢は変わっておりませんでした。
隣のファミレスでも地震直後は、客が全員外に飛び出していました。
しかし、地震がおさまった後に当然のようにレジに戻って暗闇の中、電卓での清算をして帰るんです。

今回の強烈な地震津波でも日本人の強さや良さ、真面目さなどは、全く失われてないですね。

日本人である事に誇りを持ち、しばらくは自分の生活も色々な部分で我慢が強いられると思いますが、必ず復興すると思います
誰かは忘れましたが、広島長崎に言った言葉があります
「日本人は原爆を落とされた怒りと悲しみを、復讐にではなく復興に力を注いだ事は世界が見習うべきである」

私が今出来る事‥節電と寄付をしようと思っております

頑張れ日本!

*******


ちょっと前につぶやきにも書きましたが、
日本は昔から地震・津波・火事・雷・台風、など天災が多い国。
近代史以前のずっと昔から、日本人は天災に際して隣人を助けてきたのです。
「困った時はお互い様」
この言葉がずっと受け継がれてきた国です。

最近はモラル低下が叫ばれてきましたが、
緊急時には、やはり脈々とDNAに刻まれてきた
「助け合いの精神」
が発揮・発動されました。


転載させてもらった日記の方も書いていましたが、
これからしばらくはキツイ時間となるでしょう。
肉体的・精神的・経済的・物資的にも我慢を強いられるでしょう。

でも、「いついつまで」とは今は明言出来ませんが、
日本は、日本人は必ず自分の足で立ち上がり、復興します!!
それまで(それ以降も)、諸外国が尊敬する、誇りある日本人であり続けましょう!


追記

阪神淡路大震災の時、神戸の街は壊滅的な打撃を受けました。
しかし、震災から1ヶ月後の被災世帯へのアンケートでは、
「神戸を離れたい」5%
「無回答など」7%
「神戸を離れたくない」88%

「離れたくない」とする理由は、
「他に行くところがない」、「仕事・生活基盤」などの意見を圧倒的多数でしのぎ、

「この街が好きだから」

だったそうです。

(−−復興と共に神戸市の人口は回復、2001年末には、被災地全体の人口が震災前を上回ったという−−)


これは、「神戸だから」という理由だけではないと思っています。
(もちろん、その理由もあるでしょうが)
今回、東北地方、特に太平洋沿岸の各地で壊滅的な被害になりましたが、
その被害に遭った被災者が、他の地方に果たして移り住むでしょうか?
特に東北地方は雪深い土地柄、脈々と地元に住み続けている方が多いです。
一時的に他地方に移り住むのは当然としても、
いくら被害に遭って街が壊滅的打撃を負って、親しい人、愛する人を亡くした土地だとしても、
やはり「愛する土地」を我が手で復興させよう!と思う人が大多数だと思います。


皆さんも、この地震をはじめ天災が多い日本を捨てられますか?
世界の中には、日本よりも安全で住みやすい場所はあります。
それでもやはり「他に行くところがない」とか「仕事・生活の基盤」という理由よりも、

「日本が好きだから」

という理由で、離れたくないですよね?
色々欠点はありますが、日本に生まれた事、日本人である事に感謝し、
自分たちの手で、この大災害から日本を復興させましょう!


これは私見ですが。
東北各地の復興が成ったなら(成っている途中でも)、
時間とお金に余裕が出来たら、ぜひ東北各地へ旅行してみてはいかがでしょうか?
義捐金・寄付金を送るのも、救援物資を送るのも、節電に協力するのも、
今の僕らからは大事な事です。
しかし、本当に彼ら被災者を復興させるのは、人と人との交流だと思っています。


長くなりましたが、以上です。
私見と感情が混入しています。ご容赦ください。


そして僕は、「日本人」である事を、誇りに思います。

ありがとう、日本国民!!


*******

妹も独自で色んな情報を集めてくれていました。
日本を心配して、外国の友人からの応援コメントや、
こんな状況でもウィットに富んだ日本人のコメントなどです。

こちらでもコピペして紹介させていただきます。

・地震に関する世界や微力だけど日本人の様々なコメント
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1688847560&owner_id=4572551&comment_count=1



***


テレビやインターネットで世界からの声を読んでました。
普段は見ない知らない人の日記もはしごしたり・・・

一番ほっとして、涙ぐんで、ちょっと笑って
日本人でよかった!大丈夫!がんばろう
と思った日記の一部を引用させていただきました

連日緊迫している中、少しでも気持ちが和らげばと思います



(以下引用)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◎【拡散希望】今夜9:30世界中で一斉にお祈りするそうです。祈りの力は偉大です。地震も人の想念から起きるもの。この地震がこれからの私達この地球の為により良い方向となる事が救いです◎



ホームで待ちくたびれていたら、ホームレスの人達が寒いから敷けって段ボールをくれた。いつも私達は横目で流してるのに。あたたかいです。


千葉の友達から。避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」と漏らした時、横に居た高校生ぐらいの男の子が「大丈夫、大人になったら僕らが絶対元に戻します」って背中さすって言ってたらしい。大丈夫、未来あるよ。


仙台の友の言葉。
「暗すぎて今までに見たことないくらい星が綺麗だよ。仙台のみんな、上を向くんだ!」
こんなくさいセリフが心に突き刺さった。。


外国人から見た地震災害の反応。物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。


弟が。先程の母と弟の会話。  母「地震で家が潰れた人とかどうするんやろう、本当に可哀そう・・・」5歳の弟「なんで?建てたらいいやん!」母「誰が建てるん」弟「おれが建てたるやん!!おれ、おとなやし!」玄関へ向おうとする弟。待て待て待て、お前いつからそんないい男になったんや・・くそお


テレビで緊急地震速報が流れて、またか!と思い布団かぶって防御してたら、おれ今録画見てたんだった


オバマさんは地震が起きた時秘書に叩き起こされて状況を聞いた後「全てをキャンセルして対策を立てろ」と言ったそうな。カッコ良すぎる


『お前今日なんで髪ストレートなん?
俺巻き髪の方が好きって言ったべ』
『そーだけどー、まいに出来る節電ってこれ位しか思いうかばなかったしいー』
電車の中でのギャルカップルの会話。
日本全体が自分にできることを考えてんだな。って実感して、なんかうるうるしてしまた。まいちゃんイイネ!


韓国人の友達からさっききたメール。(日本語訳後)
「世界唯一の核被爆国。大戦にも負けた。毎年台風がくる。地震だってくる。津波もくる……小さい島国だけど、それでも立ち上がってきたのが日本なんじゃないの。頑張れ超頑張れ。」
ちなみに僕いま泣いてる。


国連からのコメント「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する。」 に感動した。良い事をしたら戻ってくるのです。これがいい例なのです


オバマ記者会見「私は日本には特別な思い入れがある。ハワイで日本人や日本の文化に触れてきた。今回の地震は胸が押し潰される思いだ。でも私は楽観的だ。あれだけの経済や技術を築き上げてきた日本人だ。必ずこの困難を克服するだろう。そのための支援をわれわれは惜しまない」


この地震がきっかけになって、失いかけていた日本人であることの誇りを、多くの人が取り戻しつつあるように見えて、それがなんか泣けてくる。


イギリスBBCが「世界最大の地震で、この被害で収まっているのは日本以外考えられない。日本人の特異性、規律性、自律性、協調性は学ばなければならない。犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動は取れない。」との見解で、変な言い方ですが嬉しく思いました。


イタリア親戚「凄い地震きてるのに死者3桁とかやっぱ忍者いるよね?」スペイン親戚「日本の建物ってどうやって作ってるの?信じられない」フランス親戚「まどか無くなったら死ぬ」イギリス親戚「生きてる!?津波と地震とガチバトルしてるとか日本最強…」先ほど我が家にきた電話とメール。


母「これからまた地震くるかもよ」
おじいちゃん「こないよ」
母「何でよ」
おじいちゃん「断っといた」

   おじいちゃんェ…


泉谷しげるが、北海道南西沖地震の時も、阪神淡路大震災の時も「てめえら、募金しろ!」つって一人でゲリラライヴやってたよね。売名行為だと言われて「売名?あーそーだよ、オレはよ、売名行為でやってんだ。なぜならよ、有名じゃなきゃ金は集まらんだろ。売名行為だ。一日一偽善だバカヤロー」って。


日本全国の皆さん。やさしさを失わないで下さい。弱い人をいたわり、互いに助け合い、許そうとする気持ち失わないで下さい。あなたが不安な時、きっと周りの人も不安なはずです。これが私達の願いです。私達も同じ気持ちで頑張ります。(ウルトラヒーロー&スタッフより)


弟「うわ、また地震だって。」僕「福島か・・・津波が心配だな」弟「また来るのかなぁ、つまみ・・・」父「俺、枝豆希望。」母「じゃあ私柿ピーで。」弟「あ、じゃあボクさけるチーズ!」僕「お前ら会話の方向性に疑問を持て。せめて噛んだことにぐらいはつっこめよ。」



地震が来て、父親が「近くにあるものを頭に乗せて!」と言ったんだけど、地震が治まって周りを見たら、じいちゃんの頭にピザが乗ってて鼻水吹いた。


アフガンから日本に400万の支援。アフガン自体、今戦闘が続いててヤバい上、アフガンにおける400万は相当の金額。で、寄付理由が「日本は復興を手伝ってくれたから、その恩返し」。涙出てきた。


わずか17歳ジャスティンビーバーが日本に$1millionおよそ1億円弱。、ガガは$16million,なんとブリトニーは$64million寄付。
3人で80億円ほど。
世界中からこんなに支援されているんだから、日本は大丈夫。


2歳の息子が独りでシューズを履いて外に出ようとしていた。「地震を逮捕しに行く!」とのこと。小さな体に宿る勇気と正義感に力をもらう。みなさん、気持ちを強く持って頑張りましょう。


アルジャジーラの地震ニュースを見てしまい、日本への想いがとまらない。泣きそうな私にエジプトの人達が声をかけてくれる。「昨日までは君が僕らのために叫んでくれてた。今日は僕達が日本の為に祈るよ。世界は一つだよ」って。


CNNでもBCCでも絶賛されている。「有史以来最悪の地震が、世界で一番準備され訓練された国を襲った。犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力に優れている。」


「ニュージーランドが被災した際、ニュージーランドの救助隊の側には常に日本人の救助隊がいた。だから今度は私たちが日本を助ける番だ。」とラジオで流れてきた。…まだ諦めるのは早いよ!もう少しだから頑張って!


韓国人の友達からさっききたメール。(日本語訳後) 「世界唯一の核被爆国。大戦にも負けた。毎年台風がくる。地震だってくる。津波もくる……小さい島国だけど、それでも立ち上がってきたのが日本なんじゃないの。頑張れ超頑張れ。」


CNNの専門家の言葉「日本の国民はミラクルだ。被害は確定しないが、他国だったら数倍の被害になっていただろう。ハイチの500倍以上の威力の地震で津波到達まで5分しか時間ない中で、信じられない対応だ。この国民には常に準備がある。この国は常に事態に準備ができるのだ」


チリ人からメッセージが来た。「僕らも1年前に同じように大きな地震を受けました。その時からこれまでを強く支えてくれたのは日本人でした。チリは日本に感謝しています。無事を祈っています。」


米国、韓国、中国、ロシア、欧州連合(EU)など38の国・地域から支援の申し出。国連の潘基文事務総長は「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する」と(時事)


日本の強さがこんな時に始めて分かった気がする。国の規模でも軍事力でもない、日本人の深いところにある思いやりの心。世界がそれに応えようとしてくれてる。インドの学生がろうそくを手に祈ってくれてる。


ハリケーンカトリーナの時は、普段1$の水が10$で売られ、それを経済学者は"It's market price."と擁護したのです。今回サントリーが自販機無料開放してくれたことを、忘れてはいけませぬ。


オバマさんは「必要なあらゆる支援を行うと申し出た」と、ゲーツ国防長官は「日本は洗練された国家だが、あまりにも大きな災害であり、要請があることは何でもやるつもりだ」と言ってくれてるそう。


日本に住む外国人の友人から→「スーパーに買い出しに言ったら床にばら撒かれた商品を黙々と拾う人々が。みな横入りをせずに黙って列を作り、順番に並んでお金を払って買い物をしてる。略奪は起きていない。超満員電車では高齢の方が妊婦さんに席を譲っているのをみた。日本はすごい」と


中国人の父が、地震発生後は食い入るように被災地の映像を見つめ、叫び、痛ましげに、ずっと、ずっと、悲痛としか言い様がない顔をしていました。誰よりも、日本の血の濃い私や母よりも。彼等の多くは四川の恩も、人としての道理も忘れていません。


自分は今バンクーバーに住んでいるのだが、少し離れたこの地でも日本に向けての募金がスタートした。UBC(近所の大学)生を中心に、本日付スタートで参加者は400名に上る。これからもっと増えて、日本にいる人たちを少しでも助けられたらと思う。みんな一緒に頑張ろう!!!!


日本人の被災直後の行動の一部始終が世界各国に賞賛と感動を与えているとの事
「我々の国ではパニックに陥って被害は数倍になっていただろう」と
「日本人のこの冷静さが被害を最小限に抑えているんではないか」と


地震直後、震源地が南下するように余震が頻発したのを見て
「このまま東海・東南海・南海と誘発して列島一体が・・・・・・・・」
と本気で考えて事態に備えて色々動いて今落ち着いた所

1人でも多くの方が助かる事を
1日でも早く通常の生活を送れる事を


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
(引用終了)


読んでる人の中で
「この非常時に!」って思う人もいるかもしれないけど
冷静さを取り戻すために
クッションとしてこういう話も必要だと思います

大丈夫日本!負けるな日本!今こそ和の心を見せたれ!!


*******


14日12時更新

たくさんの人に「日本人の誇り」を持ってもらいたいです。
この日記の転載・リンクはフリーですので、
たくさん広めていただけるとありがたいです。

*******


by seeds-archi | 2011-03-14 22:24 | Diary

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30