もっとエコに。

事務所の玄関の電球も、LEDに取り替えてみました。
もともとはクリプトン電球(小型の電球)を使っていました。




取り替えてみると、電球より光が拡がらないので、写真のように、以前より壁の明るい部分が低くなり、天井は暗くなりました。光の拡散が少なく、明暗の差がはっきりしたのも原因かもしれません。
でも、足元や壁面の明るさは十分なので、玄関で使う分には問題ないと思います。



b0383324_22552836.jpg

                Before:電球のとき



b0383324_22552896.jpg




                After:LEDのとき
               (光の色がかなり白っぽくなりましたが、電球色のLEDです。)







ところで、もし、これが居室だったら?
今ある電球を、全部やみくもにLEDに取り替えると、照明器具のタイプによっては、天井が暗くなります。
机上面で同じ照度があっても、天井が暗いと、人は部屋全体を暗いと感じてしまいます。
省エネはいいけれど、薄暗くて快適ではないかも。




今後の設計では、エコ指向の時代ですし、施主さんからのリクエストもあるでしょうし、LEDは必ず使うことになると思います。
どんな場合に適しているのか、どうしたら快適か・・・。LEDを上手く使いこなせるようにならなければ・・・。
事務所で実験をして、今後の設計に備えることにします。
(白崎 治代)


by seeds-archi | 2010-06-26 17:07 | Diary

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31