狛江の写真館 スリットの窓台

b0383324_22552014.jpg

              スリット窓の原寸図とガラスタイル



階段室にスリット状の採光窓があり、その窓台の検討。





設計図には窓台にガラスタイルを入れるように記載していましたが、実際には現場で光の様子なども確認していかないと、何がふさわしいか判りません。



お施主さんの好みも、形ができてくると少しずつ具体性を帯びます。
「あの階段にステンドグラスはどうだろう」



本物のステンドグラスを入れるには、巾が小さすぎて、一方で数が多い。効果の割には大きな増額になってしまいます。

かと言って、ステンドグラスの代わりに、ステンドグラス風のガラスフィルムを貼ったのではあまりにチープ。

ステンドグラスは現実的でないにしても、窓台にその趣きを出せたらと考えました。

当初の予定では、右側のクリアで正方形のガラスタイルか、左側のボーダータイルを考えていました。

お施主さんのイメージ、壁の珪藻土、床のタモ材に合わせていくと、15ミリ角の琥珀色のガラスタイルが似合いそうです。

写真は、原寸の図面を起こして、実際の素材を当てはめている風景です。

お施主さんからも、15ミリ角の琥珀色のガラスタイルで、快諾を得られることとなりました。
(白崎泰弘)

by seeds-archi | 2010-03-03 14:13 | News-狛江の写真館

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31