内井昭蔵展

b0383324_22551992.jpg

先日、世田谷美術館に行ってきました。
見に行ったのは「内井昭蔵の思想と建築」。
この世田谷美術館は、故・内井昭蔵氏の代表作の一つです。







僕の大好きな建築家の一人で、学生の頃、ずっと憧れを抱いていました。




展示内容は、ところ狭しと作品パネルが並び、それぞれに、担当者の言葉が書いてあります。




それを読むと、当時の設計風景が伝わってきました。
なかでも
「先生に複数の案を提示したところ、『君はどれがいいと思うの?』と聞かれました。そこで私の意見を言ったところ、『昼も夜もずっと、この建物のことを考えているのは君なんだから、君が思う通りでいいよ』といって下さった」
という文章が印象的でした。
ほかにも同様の思い出を語る文章がいくつか見られ、内井事務所のアットホームな環境をを想像するのに難くありませんでした。




そして、出口に近づいたあたりで、僕の大学時代の友人である、荒井さんが先生の言葉として記された
「ディテールは見せるものではなく、触れるもの」
という言葉に、はっとさせられました。




僕はこの言葉に、建築を学び始めた頃の「建築って何だろう」という素直な疑問に、答えをもらっているような、そんな気持ちにさせられました。




とてもよい展示会でした。
(白崎泰弘)


by seeds-archi | 2010-02-26 14:05 | Diary

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31