設計のこぼれ話 −近頃の子供の勉強は・・・−

近頃、子供の勉強はダイニングやリビングで、とおっしゃる施主さんによく会います。
単なる偶然であって、これが最近の傾向なのかはわかりませんが、私自身、ちゃんとした個室を与えられながら、大学受験までリビングで済ませた身なので、とても馴染み深い話です。
また、子供が小さいうちは、できるだけ親の目の行き届くところに・・・という気持もありますよね。
その場合、普段の勉強はダイニングテーブルでいいと思いますが、来客や工作などで散らかしたいときを思うと、専用のデスクがあった方が便利です。



「大倉山の家」も、ダイニングテーブルと勉強机が兼用なのですが、写真のような子供達用の机を提案しました。ダイニング上部の吹抜に面しているので、親の目が行き届きます。家族共有のパソコンコーナーになることも想定しました。また、お子さんが中学・高校と成長したとき、ダイニングよりは勉強に集中できるように、ダイニングとは階を変えて、落ち着いた場所にしています。



b0383324_22551890.jpg

                子供用の長机





・・・でも結局は、子供は自分がいちばん勉強しやすい場所を選びます。人の気配がすると集中できないタイプなら、自分の部屋へ行きますし、リビングの方が好きなら、広い子供部屋があっても、リビングへ出てきてしまいます。(経験者談)
大倉山の家では、まだお子さんが小さいので、どのように使われるか分かりません。色々な可能性を考え、選択肢の幅を持たせて計画しました。
(白崎 治代)


by seeds-archi | 2010-01-22 13:41 | Essay-設計のこぼれ話

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31