狛江の写真館 配筋検査

b0383324_22551435.jpg



配筋検査を行いました。
通常の木造2階建てと比べて、かなりの鉄筋量です。



これは、
・木造3階建てであること
・1階には写真スタジオが入るために柱スパンをとばしていること



によります。



構造の考え方として、外壁・屋根・基礎の耐圧版をことさら頑丈にすることで、上の与条件をクリアしようとしています。

通常は屋根は構造材としてカウントしませんが、ここでは野地板に24ミリの構造合板。
外壁の下地にはすべて、ダイライトという壁倍率2.5の材料。
そして、基礎は上端筋D13@150、下端筋D13D10@75のダブル配筋という、木造2階建てでは経験したことのない鉄筋量です。

構造はH&Aさん。 木造プレカット図も細かくチェックしてくださっています。
(白崎泰弘)

by seeds-archi | 2009-11-06 11:34 | News-狛江の写真館

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31