狛江の写真館 地盤改良

地質調査の一種であるスウェーデン式サウンディング試験の結果、関東ローム層が地表より75㎝前後の深さにあることが判明しましたので、そこまでは地盤改良をすることになりました。
地盤改良にも色々ありますが、この深さですと表層改良がリーズナブルです。



一般に深さ2Mまでは表層改良、8M前後までなら柱状改良、それより深いと杭工事とするのが一般的です。
関連記事:地盤補強工法



セメント系固化材を、土1立米につき120kg混ぜていきます。
ここでは、深さ1M×建築面積50平米足らずということで、6tの固化材を混ぜます。



b0383324_22551280.jpg



             (上)固化材、一袋1tです。赤スプレーでナンバリング。





工程は、ユンボで掘削。白い固化材を散布。攪拌しながら、埋め戻していきます。



b0383324_22551238.jpg





b0383324_22551300.jpg



掘削しているとき、脇で埋め戻すための土が山のようになっています。
1M掘れば、最低でも1M以上の山ができます。それだけで2Mの差。 

工法説明などでは2M程度が限界と言ってますが、それだと4Mの差が出来てきます。敷地の広いところならそれもできるのでしょうが、住宅密集地では、1M程度が限界ではないでしょうか。それ以上は施工者の危険性がぐっと高まるように感じました。





b0383324_22551358.jpg



最後に土を転圧して終了。サンプルピースを採取。
1軸圧縮試験を行ったところ、35kN/平米の支持力が必要であるのに対して平均890kN/平米という余裕の結果が出ました。
(白崎泰弘)










by seeds-archi | 2009-09-30 10:58 | News-狛江の写真館

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31