おまけ付きの家 −スキマをたのしむ−

都市部の住宅地では、庭の景色を楽しむことは、とても贅沢なのかもしれません。建ぺい率いっぱいに家を建て、残りがガレージや玄関ポーチになる。「植込みが少しでもあれば十分」というケース、けっこうあると思います。



私達が設計したHT-Houseも、「庭」と呼べる広さのあるものはつくれませんでした。でも、その景色は存分に楽しめます。今回はその仕掛けをご紹介しましょう。



b0383324_22551083.jpg





b0383324_22551195.jpg



b0383324_22551150.jpg









玄関の下足入は、そのカウンター下が一部窓になっています。窓の外に見えるのは庭の景色です。でもここは、実は建物と塀の間、わずか50センチの場所で、「スキマ」と言われてしまいそうなところです。この50センチの「スキマ」を、砂利と植栽で整え、玄関からは長手方向で見せるようにしているのです。すると玄関からは、足元に庭の景色が広がっているように見え、奥行を感じられる空間になります。この奥行をさらに楽しむため、玄関扉の脇も透明ガラスを入れ、扉の外からでも庭が見えるようにしました。



ここでは、さらにおまけを付けました。
それは、下足入の下のガラスレンガです。普段あまり見かけない素材なので、玄関に入ると思わずそちらに目線が行ってしまいます。そうすると、自ずと足元の窓の景色が意識される仕掛けです。このガラスレンガの下には照明が埋め込んであり、夜には、光に照らし上げられたガラスレンガが窓に映り込み、また別の景色が奥行を感じさせてくれます。



(上)玄関夜景・ガラスレンガが窓に映り込む
(中)下足入と開口部のコンポジッション
(下)下足入の足元に広がるスキマの庭


by seeds-archi | 2009-08-04 10:19 | Essay-おまけ付きの家

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31