建築士のインターン制度

先日、所属する建築士会から一通の手紙が来ました。




内容は、「インターン制度の受け入れ先として協力できますか」といったもの。




昔から、建築設計の世界ではオープンデスクといって、設計現場の机を学生のために開放するから、建築家のお手伝いをしながら自分で勉強しなさい、という考え方がありました。




どうして、今さら「インターン制度」と言いなおしているのかなと思って、手紙を読んでいくとその理由がわかりました。




従来は大学院を出ているだけで、一級建築士の受験資格がありました。学卒の場合は、実務年数2年以上が必要です。大学院で研究する内容が実務同等とみなされていたわけです。




しかし、今の大学は、建築学科であっても、研究室によっては、一級建築士に必要な知識を身につける環境になっているとは言い切れず、逆に、建築学科でなくても、かなり建築的な領域に踏み込んでいる研究室もあります。




「大学の研究室は一級建築士養成のために存在しているわけではない」から、大学院生に設計実務を経験させることを法制化したということのようです。




至極、もっともだと思う反面、そこまで義務付けないといけないのかなと思ったりもします。




学生の頃の私は、「設計という特殊な世界は学生時代に経験しておかないと、つまり失敗が許されるうちに経験しておかないと、事務所勤めなんておっかなくてできない」と思っていました。




今思うと、さすがに思い込みが過ぎると言わざるを得ませんが、友達同士の会話は、「○○事務所は模型室があって・・」とか「○○さんの事務所の立面図の目地を描かせてもらった」とか、いつもそんな調子でした。




義務付けしないと、学生のうちに覚えようという志の若者が減っているということなのでしょうか。。実務ができなくて一級の資格を勉強しても、そこに何の価値があるのでしょう。
それが判らない学生が増えてきているから、法制化したのだとも受け取れます。。




いろいろ思うところはあるものの、インターンの受け入れ先として、喜んで協力させていただくことにしました。(白崎泰弘)


by seeds-archi | 2009-07-26 10:05 | Essay

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31