おまけ付きの家 -その家庭の象徴-

その家庭の象徴となるものを、外から判るところに何らかの形で表現したいと思っています。これも家の骨格に関わることではないので、「おまけ」といっていいものです。



b0383324_22550660.jpg
 



これは「六条の家」の玄関脇の出窓です。



華道をたしなむ奥様の趣味の場です。来客のとき、あるいは季節の変わり目にこの出窓が花で満たされます。



この出窓はサッシのない、ガラスだけで構成されたものです。サッシを無くすというのは、設計も施工も難易度の高いものですが、奥様の趣味の場に余分なものは登場させたくなかったので、敢えてそういう設計をしました。



b0383324_22550660.jpg
   



この写真は「HT-house」の道路側の外観です。



この家には仲の良い3人の姉妹がおり、今は3人分の子供部屋を仕切らずに使っています。その子供部屋に面する窓を、それぞれの背丈に合わせて高さの違う窓を用意しました。



子どもはそういったことにすぐに反応してくれます。



「○○ちゃんの窓だね。」



まん中のお子さんが、背伸びしたり腰をかがめたり。



身長が伸びれば見える風景も違ってくるということで、それも面白いのではないかと考えました。



小さい窓ですが、やがて年頃を迎える女の子たちの窓。向い側から覗かれる心配が無きにしも非ずということで、スリガラス調のフィルムを貼り、フィルムに4つの小さな正方形を切り抜きました。



小さな窓の小さな風景がそこから見えます。


by seeds-archi | 2009-05-03 21:18 | Essay-おまけ付きの家

一級建築士事務所シーズ・アーキスタディオの日々の出来事など


by Seeds Archi-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31